メニュー
   BLOG

七夕ですね。ミヤケンブログヴァージョン

2011/07/07

こんにちは。木曜日担当の鈴村です。

今日は、どんぐり会とミヤケンブログWの更新となって

しまいました。

七夕というネタには困らない日なのですが、

実は、去年の7月7日もどんぐり会のブログ担当日だったので、

今年は非常に困っております。

しかし、あえて七夕伝説で・・・・

皆様が知っている、織姫と彦星の有名な話ではなく・・・

日本の言い伝え、茨城で伝わる七夕のお話をします。

ある村に、カヘイという貧しいお百姓さんが住んでおりました。
ある日、仕事を終えて家に帰ると、美しい女性が家の入り口にいて泣いていました。

その女性を一目で好きになってしまったカヘイは、

女性の身につけていた美しい羽衣を隠してしまい、天へ帰れなくしてしまいました。
そののち、カヘイはその女性を自分の妻とし、

七人もの可愛い子供を授かりましたので、 もう妻が天に帰ってしまう心配はないと思い、

安心して羽衣を見せたところ

妻は、「カヘイよ、七月七日にあずき畑で会いましょう」と言い残し、

天へと昇ってしまいました。
しかしカヘイはとても貧しく、七月七日に妻に逢いに出掛けて行きたくとも、

七人の可愛い子供達に着せてやる上等の着物も無かったので、

七月七日に古い着物を土用干ししてそれを着せてやりました。

それを見ていた天の神さまは、カヘイ親子を不憫に思い、

さよひめ星となった天女のように、カヘイを彦星に、子供達をすばる星にしてあげました。

そして、星になった天女とカヘイは、毎年七月七日に天のあずき畑で逢うので、

この日、あずき畑に入ってはならないといわれています。

とういロマンチックなお話もあるのですよ。

その他にも、日本の各地域や中国の別のお話なども

多くあり、一番有名なお話しか知られていませんが、

どれも、深いお話が多いですよ。

ではでは、また次回~~~~~~~~~~~~

どんぐり会ブログとは別の内容ですよ~