メニュー
   BLOG

今日は暖かいの・・・

2011/10/06

西です。

昨日写真のみアップしていたので、そこにコメントを付け足します!

 

今日は明日桧さんの建前の応援に大工さんが行っているので

実際は倉庫は誰も居ないので、写真は昨日撮影したものです!

成松君が梁の仕口を刻んでいました。

  

鋸で切っているのは切り落とす訳では無く、建前の日に作業をし易いように

切込みを入れています。

ドリルでボルトの穴を開けていくのですが成松君曰く

「モミ越があるから貫通はしない」との事。←頭に「?」マークを浮かばせながら聞いていました。

一連の作業が済むと仕口に番付を書き込んでいきます。

  

刻みの下準備がしてありました。

電動鋸で切込みが入れてあります。

 

切込みの部分を金槌でたたくと・・・

木の繊維方向に沿って割れていきます!

 

その荒削りな表面を長い鑿で削ぎ取って

鉋で綺麗に仕上げていって完成です!!

 

作業がちょうど済んでホイストで梁を持ち上げようとすると

奥に6mの梁を担いでいる祥吾君と中井君の姿が!?

人力VS機械みたいな図柄が『昔の大工さんは人力だったんやなぁ~』と・・・(*^_^*)

重たそうに運ぶ二人を後目に余裕な成松君がチョット笑えました(●^m^●)

 

火打ちと引独鈷(ひきどっこ)

引独鈷(ひきどっこ):柱に横架材を取り付ける場合などに使用され

                 雇いほぞの一方を蟻形につくり、送り蟻として材に差して固定し

                 それに取り付け材を差し入れて、車知栓(しゃちせん)などを打って留め付ける。

 

胴差しを刻む祥吾君。

棟梁には野暮なことをお願いできず(*^_^*)真剣な男前ぶりを激写しました!

同じアングルで良く似た作業なのですが・・・

西日が良い感じに差し込めて、作業する手がキラリ☆

良い写真が撮れたので迷わずアップしました!

 

中濱さんも梁を刻み中。

ちょうど刻んでいた所は丸太の取り合いのある所でした。

 

作業服に迷彩のパンツ・・・お洒落大工さんだなぁ~と☆

先週末は子供さんの運動会だったとか♪

5歳・3歳・1歳の3人(年齢あってるかなぁ・・・不安)のお父さん。

私と鈴村くんとは同い年な中濱さん。

正直3人のお子さんが居ると初めて聞いた時はビックリでした(*^。^*)

中井君の周りをフト見渡すと・・・何となく鳥の巣(?)のように見えないですか?

多分そればみんなと違って『おが粉』というか・・・端材が大きいから?!

  分かりにくいけど・・・中井君はこんな感じ。

成松君の周りはこんな感じでした。

同じ大きさの丸鋸が置いてあったので、それで比較してみて下さい(笑)

 

真剣に刻んでいる中井君・・・大体みんなそうなのですが

真剣すぎて口が開いていました(笑)

勝手ながらいつも「口の中におが粉が入らないのかなぁ」と心配してしまいます。

「口開いてるよ」と言って口を閉じている写真も撮ったのですが

やはり自然体で作業している中井君の方が良い感じだったので・・・

実は昨日もお施主様が倉庫にて刻みの応援に来て下さいました!

倉庫の一番口元で作業してみえます!!

 

かなり真剣な表情で梁に穴を開けてくれています!!

もう何度か作業をしに来て頂いているので、もう慣れた手付きで

作業が進んでいました!!

みんな順調に刻みを進めてくれているので

建前の日程を決める日が近づいてきました!!

 

来週の火曜日には現場で配筋検査の後

イヨイヨ!べた基礎のコンクリート打設となります!!

倉庫も現場も順調に進み無事建前が迎えられそうで今からワクワクです!