メニュー

無垢のフローリングのお手入れ(メンテナンス)方法


無垢材は伐られてからもまだ呼吸して生きています。

無垢材は伐られてからもまだ呼吸して生きているので、人間が触れてかぶれてしまうような「フローリング用の洗剤」などを使用するよりも、食器などを洗ったりしている、中性洗剤などを水に薄めて使用して頂きたいです。

長年使用しているフローリングには人間の足の裏の油などが付着し、味のある光沢が出てきたり、滑りやすくなったりしますので、中性洗剤で表面の汚れや油を落とすだけで普段のお手入れには十分です。

ただ、塗装がされていなかった木部などが汚れてしまい、洗剤で落とすことができないと言う場合には、紙やすりや「激落ちくん・スポンジ」などで表面を軽く研磨してあげることで、簡単に汚れが取れます。

塗装がしてある場合は研磨すると、塗装も一緒にはがれてしまう事があります。自然塗料のメーカーが出しているメンテナンス用の塗料もあります。

宮本建築ではこちらを使っています。参考にしてみてください。

2015-12-12 17.07.34

オスモカラーのHPはこちらから>>

オスモカラーのネットショップはこちらから>>

オスモカラーとは

オスモカラーはオスモ社が木材、木工の専門家の立場で1955年に開発した、木を活かす自然塗料です。
オスモカラーはひまわり油、大豆油、アザミ油、そしてカルナバワックス、カンデリラワックスといった自然の植物油と植物ワックスからできた人体、動植物に安全な塗料です。
臭いがきつく健康を害するシンナーやアルコール、そして発がん性が疑わしい有害な化学物質は一切含有していません。したがってDIN-53160唾液と汗溶解試験やEN71-3玩具安全基準に合格し、赤ちゃんのおもちゃにも使えます。
ISO14001取得はオスモ社がエコを大切にする会社という証しです。

オスモカラーWEBページより