メニュー
   BLOG

今週末は見学会です。

2014/10/21

こんにちは。すっかり日も短いと感じるようになりましたね。

久々に投稿の鈴村です。

 

完成見学会のお知らせです。

今回は鈴鹿市広瀬町になります。

2014年3月13日に地鎮祭を行ってから

7ヶ月。堂々の完成となりました。

ブログをご覧になっている方だけに少しだけ、

見所をご紹介いたします。

DSCF3024外観は黒の杉板を大和張りの雰囲気を出した仕上げ、妻部を白くよりコントラストを引きたせ、

急勾配の屋根は赤い板金葺きになっています。

屋根に段差が出来ているのは、何故?それは現場でご説明いたします。

見学会当日は、ウッドデッキも出来ており、もう少し変わった外観がをご覧に頂けます。

 

DSCF3229今風で言えば「和室コーナー」とでも呼ぶのでしょうか。4畳半の畳のお部屋。

今回の御家では「茶の間」と呼んでいます。

葭天井に今回の見せ所の一つの「丸い床の間」があります。

違和感の無いように、スイッチ、コンセントをどうするのか!というので

設計士の先生と打ち合わせした事など微塵も感じさせない自然なRな床の間が

ある茶の間に仕上がっております。

 

DSCF3216お施主様こだわりの照明器具がいたるところに。

この照明はカウンターキッチンの、カウンター上部に設置した船舶のデッキ用ライト。

他にも、星がこの御家の何処かにありますよ。

 

DSCF3303ドレシングルームの大きな鏡の周りに張られたモザイクタイル。

1cm各の小さなタイルが4列。配合も細かく指示。

5種類のタイルが彩ります。

この写真には鏡がまだ取り付いていませんが、ここに大きな鏡が来る、

そしてトップライトからの「やわらかい」光が、ドレッシングルームの

明るさ、清潔感、広がりを選出してくれます。

トップライトからの光が「やわらかい」って気になりますね。

DSCF3268先日の皆既月食を思わせる照明。

壁付け照明だからこそわかる、左官屋さんのコテ仕事。

実はここトイレ。

DSCF3324解りやすく言うと「リビング」。

でもこの御家は、

「家族は集う」場所だから。

「友達が集う」場所だから。

だから

「集いの間」って名前が付いています。

構造美を生かす、勾配天井。

大きな丸太の梁。

構造体の圧迫感を感じないのは何故か。

この場所に立って是非感じてみてください。

 

見学会は今週末25(土)と26(日)

両日共にAM10:00~PM4:00まで。

詳しい場所はまた後日ブログにて。

ではまた次回~~~~~~~~~~~