メニュー
   BLOG

今日は天気が悪いので、室内で床の増し張り工事

2016/04/07

今日は生憎の天気なので

室内に入らせて頂き、床の増し張り開始。

 

image

 

既設のフローリングは合板のフローリングだったので

フローリング自体の接着剤が剥離してきてしまい

床がフワフワしていました。

そこで今回は無垢のフローリングを増し張りさせて頂きます。

合板のフローリングとは違い接着剤が剥離することも無いので

床は長持ちするようになります。

 

 

image

 

 

 

「無垢のフローリング」は、、天然木から取り出した木を

1枚の板に加工したものです。

複合フローリングに比べて高価ですが、自然素材ならではの

樹種によって異なる木目の質感と、風合いや肌ざわりが魅力で、

光沢が美しく、経年変化が楽しめます。

 

「合板のフローリング」は、複数の板を接着剤で

張り合わせた合板(基材)の表面に

天然木の薄板を張りつけたものをいいます。

 

image

 

 

 

合板のフローリングのメリットは、無垢フローリングよりも

大幅に価格が抑えられ、色、柄のバリエーションが多く、

色や模様が比較的均一しています。

温度、湿度の変化に強く膨張や収縮、反りなどが

生じにくく、耐水性、耐候性があり、キズに強い

耐摩耗性や強度を強化しているものもあり、用途で選べます。

 

逆に合板のフローリングのデメリットは、表面の単板がはがれるような

傷は補修が難しく、経年変化を楽しむことはできません。

踏み心地が若干硬かったり、見た目の高級感は得にくいです。

 

image

 

無垢のフローリングのメリットは、断熱性が高く

感触に温かみがあります。さらに無垢の木なので

調湿効果を持っており、季節ごとに快適に過ごす事ができます。

小さなお子様がみえるお宅では一番気になる

アトピーやアレルギーの心配が少ないです。

 

image

 

 

無垢フローリングのデメリットは、合板フローリングに比べて高価で

湿度変化にともない膨張、収縮し、反りや割れが発生します。

自然素材のため、木目の色柄が均一でなくばらつきがあるので

見本で見た感じと、実際フローリングを張り終わった部屋の

雰囲気が多少異なる場合もあります。

 

 

 

image

改修させて頂いているお宅で飼われているカメさん。

工事の度にあっちこっちに引っ越しさせられて、

一番迷惑していると思いますが・・・

もうしばらく・・・我慢してね(^_^;)

 

 

 

一方倉庫では・・・

 

image

 

墨付けが順調で、もう土台の墨付けが終了していて

胴差の墨付けにかかっていました。

 

image

 

胴差しは通し柱と通し柱の間を繋ぐ重要な横架材で

そのぶん他の梁や桁よりも成は高く(大きく)なります。

 

image

 

日下さんと誠君が加工していた梁・桁。

一本ずつ表面の木目を見て、どこに節がどの程度あるのか

分かるように「上小」や「ム」と記載しています。

 

image   

 

上小:「上小節」とも言い、直径約10㎜以下程の節が

1m間隔に一個ぐらいずつ点在しているイメージです。

 

ム:「無節」の事を言い、節のまったく無い物です。

木目もや色合いもかなり揃い、アテもほぼ入っていません。

ヤニ、カスリは極小さくあります。