メニュー
   BLOG

古民家の耐震改修工事

2016/09/15

img_4086

 

大正時代に建てられた築100年経った

古民家の耐震改修工事の依頼を頂きました。

 

img_4087

 

興和設計事務所の櫻井先生と誠君と一緒に

現場の調査をさせて頂きました。

 

img_4090

 

私の理想としていた土間。

子供の頃住んでいたお婆ちゃんの家を思い出します(*^_^*)

 

 img_4106

 

基礎の部分が石積みで

耐震工事にはカナリ不利な条件ですが

興和設計の櫻井先生の事例などお聞きして

今後の対策を検討する事になりました。

※石積みの基礎は耐震工事では評価の付かない

 補助金の対象にならない基礎となるのです。

 

img_4105

 

お施主様がご自分で手入れをされながら

住まわれていたので継ぎ接ぎな部分もありますが

耐震工事をスムーズに行うには

外壁の張替をさせて頂くと

工事も進めていきやすいので

外壁の貼り替えを見積さえて頂きます。

 

img_4107

 

今回お施主様のご希望で屋根替えも見積させて頂きますが

耐震補強の工事には屋根の重さが大きく関係してきますので

屋根替え工事は大きな意味があります。

 

お施主様である奥様は結婚し、嫁いできてから40年以上

住み続けてきた愛着のある住まいを壊さず

残したいというご要望で、依頼を受けました。

 

凄く太い訳ではありませんが、丁物差しの

昔ながらの田の字の間取りでした。

耐震工事がメインで、どこまでリフォームも手を掛けていくか

これから見積をしながら、お施主様と

工事内容を詰めていきますが

ヤッパリ、大工の腕を生かし構造の在り方を

理解して建てられた建物は、どこか惹かれるものがあり

安心して住める様に的確な補強をすれば

残す価値のある建物なんだと思います。

 

ただ綺麗にする。ただ耐震工事をする。

ではなく、予算との兼ね合いも見ながら

お施主様が少しでも愛着を持って

住んでいけるように大工として出来る事を

提案していきたいです(*^_^*)