メニュー
   BLOG

古民家の構造を入れ替え。

2016/09/27

古民家の耐震補強工事を進めていく上で

解体した際に出てくる問題のある所を

一つづつ対応を考え現場を進めてもらっています。

 

 

image

 

今回は今後のことも考え東面の構造を

差し替えていくことにしました。

 

image

 

理由は地面の湿気の影響が大きい

白蟻の被害が大きく見られたので

このまま外部から耐震補強をしても

構造自体が弱ければ意味が無いので

根本的な対応を進めています。

 

image

 

内部も外部も白蟻による被害。

 

image

 

ぱっと見はわかりませんが。。。

 

image

 

多分角材だった土台。

白蟻に食われて、角がなくなっていました。

 

image

 

対策としては土台を入れ替える事により

基礎パッキンを新規で入れて

床下の換気の確保をします。

 

image

 

既設の梁の下に新規で梁を入れて

梁も補強していきます!

 

image

 

image

 

image

 

既設の繋がっていなかった梁を差し替えてもらいました。

 

image

 

既設の柱と梁を差し替えてもらいました!

 

image

 

寸法は現場を当たりながら

誠君が現場で墨付けし、刻んでいきます。

 

image

 

基礎パッキンを入れてもらったので

これで換気に期待しつつ。

以前の土台はどうやら柱材を用いられており

余計に白蟻の被害が大きくなっていたのですが

今回は芯持ちの土台変更したので

白蟻に食われる心配はだいぶ減ります。

(念のため防蟻処理もします)

 

image

 

 

 

明日は雨降りなので、雨養生をして

今後の対応を考えていきます。