メニュー
   BLOG

敷居の入れ方。

2016/11/16

img_5004

 

最近現場を回れていなかったのですが

外部の仕事が進んでいました。

基礎の刷毛引き完了してて

すっかりキレイになっていました。

 

img_5006

 

胴縁も完了したので、いよいよ来週からは

板金屋さんに外部のガルバリウム鋼板を

施工してもらいます。

 

img_5012

 

内部はトイレの床の養生にしては

いつもと色が違うなぁ~と思っていたら

クッションフロアーを

貼ってもらっていたのでした。

 

img_5014

 

この後は壁にパネルを施工してもらえば

トイレの内装工事は完了です。

あ。家具工事は別でありますが。

 

img_5020

 

脱衣室の家具も完成していました。

 

 

 

 

その足で新築現場にて打ち合わせへ。

 

img_5022

 

床の垂木が施工されていました。

二階は剛床ですが

一階は断熱材や色々な事を考慮して

垂木で床を上げてもらっています。

 

img_5024

 

設計士さんと打ち合わせ中。

うっかり敷居にでも乗ったら

祥吾君に怒られます!

「敷居は踏むもんじゃない!またぐものです!」

と。それ大工さんが色々な収まりなどを

考慮して仕事をしているから

家の為にも乗ってはいけないという事で。

家の為を思っての話です。

 

img_5027

img_5033

 

ちょっとのひと手間が

末永く良い家として保てる秘訣。

帯刀棟梁はビスで

ただ止めるだけではないのです。

 

img_5034

 

今回は座敷の畳が他の床よりも高いので

大引きの入れ方もいつもと違って手間がかかっています。

 

img_5041