メニュー
   BLOG

ヒノキの階段かけてました!

2016/12/07

image

 

私は良い感じに祥吾棟梁の階段を掛けている工程に

出くわせるみたいです(^o^)丿

 

image

 

最近はめっぽう階段職人の祥吾君。

 

image

 

作業のしにくい下の方で

腰を痛めながら作業を進めています。

 

image

 

さすが階段職人!

刻みが素晴らしいです!

 

image

 

一枚一枚しっかり計算されて刻まれており

本当にしっかりとした重厚な階段になります!

 

image

image

image

 

隣りで日下さんは和室の天井を貼っていました。

 

image

 

踏み天風なので梁の横に板をはめていく溝が

しゃくってあって、そこに一枚づつ入れていきます。

 

image

 

裏側には一枚づつ番号がふってあって

キチンと板目が通って仕上がっていきます。

何気にお施主様により、柿渋の塗料が塗ってあるので

新しい杉板ですが、もう10年近く経った杉板のような

あめ色になっていました。

 

image

 

天井を貼るにしても、階段をかけるにしても

色々な大工さんによって色々な方法がありますが

当社はいつも階段はプレカットはせず

全て一枚の板から加工し

墨付け刻みを施した後に現場に

階段を掛けています。

 

桧の階段は上品なツヤがあって

本当に良い風合いが出ていています!

長年使っていく上で、色は変化していきますが

木目が出てより素足になじむ階段に仕上げっていきますよ♪