メニュー
   BLOG

古民家の耐震工事の新たな方法

2016/12/16

image

image

 

来年耐震工事させて頂く築100年近い古民家

基礎が無く、石が用いられているので

通常行う耐震工事は出来ないのですが

興和設計の櫻井先生より提案頂いた

制震部材(ダンパーなど)を用いた工法を

検討してもらっていて

制震部材を用いた耐震工事は

基礎よりも地盤の液状化の有無が

非常に大きな要因となるようで

木造住宅ではよっぽどの時にしか用いない

ボーリング調査を実施しました。

 

地盤が悪くなければ、制震部材を用いる事が出来

そうする事で全体の工事の費用が抑えられる事が

出来るようで♪( ´▽`)

しかも市の補助金も受ける事が出来るという

良い方向に進むようなので、

伝統、伝統言っているのですが

今時な工法も家の為になり

お施主様が安心して住める家作りに

繋がるのであれば♪(´ε` )

勿論大事な選択肢ですよね♫