メニュー
   BLOG

階段の刻み仕上げ中

2018/01/24

宮大工さんの正憲君の道具。

我が家で薪を割るのに使っている

斧(おの)と違って凄く切れ味が良い斧で!

刃先をナイフみたいに使っていたのですが。

そりゃ。こんなキチンと保管されないと

簡単に手を切ってしまう程の手入れのされた刃物でした!

祥吾君と正憲君は斧の事を「よき」と呼んでいましたが

地域によって「よき」や「せば」と呼ぶところもあるらしく。

同じ道具でも色々な呼び方があって、

扱う人の手入れの仕方によって

刃物は全く違うんだなぁ~と改めて

大工さんの凄さに感激しました♪

 

ただ・・・うちの仕事ではないけど。

作業風景を取り忘れた事に気が付き落ち込む

今日この頃です。←いつもの事ですが。。。

 

 

祥吾君は今日。私が用事があったので

現場に行きたそうにしていましたが

楠に来たからと階段の仕上げを進めていました。

 

 

今日は会えた、

誠君は倉庫の底冷えに足元が

ダメージを受けだしたようで(>_<)

室内で霜焼けになりそうと嘆きながら

絶賛墨付け中でした。