メニュー
   施工例

Case. これからの家


これからの家族が家と共に安心して暮らし、成長していける家

実際に土壁の家に住んでみると、冬は一日中暖を取らずに過ごすと寒くて凍えますが、少し暖をとれば自然と土壁が蓄熱し、就寝と共に暖を消しても朝起きると温もりが残っています。夏の夜は寝る間際のエアコンと通気のみでも、蓄熱された外気温のお陰で嫌な熱気はありません。当たり前ですが冬は寒く、夏は暑い。その当たり前の季節を体で感じ、自分なりに工夫して過ごす事が、楽しみになり心地の良い生活だと感じるようになりました。
高温多湿な日本の風土に合っているからこそ、昔から残っている土壁。その土壁に耐震と言う意味を持たせ、良さを拡張させられるのは伝統工法を用いた大工の手刻み。これからの家は、これからの家族と一緒に成長していく家であり、先代の技術を継承していきたいと思う、杢承の大きな第一歩の家です。