メニュー
   BLOG

古民家改修工事も仕上げ工事

2017/01/13

IMG_5540

 

何となく、一部屋づつ仕上がってきました。

 

IMG_5542

 

誠君は新しく建具が入る部分の鴨居を入れていました。

真壁でも大壁でも宮本建築としてのやり方は、

約物と言う造作材を無垢材で

現場ごとに加工し取り付けていきます。

この約物を触る仕事は無垢材を取り合付かう技術と

現場の納まりを考える知識が必要になります。

天井や壁を貼るのとは違い、

時間がかかってしまう作業になりますが

その分この仕事で、現場の仕上がりが決まってくるので

ここは棟梁である誠君の大仕事。

 

IMG_5544

 

今日は本岡さんは納戸の天井を施工中。

 

IMG_5551

 

高いトコロを一人で貼っていくのに

トンボのような突っ張り棒を駆使して

天井を貼って見えました。

ちょっとの工夫が作業の効率をあげるんですね!

 

IMG_5555

 

外部では冷たい風に吹かれながら

日下さんと星矢君が既設の木製テラスの

撤去をしていました。

誠君の手により新たに作成されるテラス。

白く塗られたちょっと傷んだ木製のテラス

トトロを思い出してしまうのは私だけでしょうか(*^_^*)