落雷被害の調査

2021.07.23
現場だより

鬼瓦の下の瓦がぐしゃっと割れて飛散していました。

これが雷の威力(; ・`д・´)

周りには今回のお家より高い建物が沢山
あったのになぜ平屋のお家に!?
どうしてここに落ちたのか凄く不思議(-_-;)

また今回のように一番高い棟ならまだしも
平部にも雷は落ちることがあるそうで
自然災害というものは本当に分からないです!

同じ敷地内の平屋の屋根(鬼瓦)に落雷があり
電化製品と外灯が壊れたので電気屋さんに来てもらい
外灯の器具を交換と漏電をしていないか
電圧のチェックをしてもらいました。

※今回はそれ以外に大きな被害はありませんでした。

雷は高いところへ落ちやすいので、
今は屋根に載っている事が少なくなりましたが
アンテナがあれば、そのアンテナに
雷が落ちることが多くありました。

アンテナに雷が落ちるとその周りの屋根なども
破壊されることがあります( ;∀;)

瓦は土で出来ているので電気を通さないので
雷は落ちないと思われている方も
多いと思いますが(; ・`д・´)
実は瓦にも稀にですが、落ちることがあるそうで
(今回は私は初めて見させて頂きました)
そうした場合、絶縁破壊が起こり瓦が
割れてしまいます(*_*;

最悪の事態だと・・・落雷によって
火災が発生することもあります!

とにかくオーナー様にお怪我がなく
また火事などにならなくて本当に良かったです!

保険の内容にもよりますが
落雷で屋根が破損した時は多くの場合
火災保険で損害を補償することができます(´-`*)
ご加入されている火災保険の内容を
ご確認の上、お気軽にご相談下さいね(*´▽`*)